雑記

凄い久しぶりだけど、凄いどうでもいいことを記す。

ニコ動でのタグヒット数
エルシャダイ:3,007

・・・なんか、あれ、なに3000ってすごくないですか?と思い、
近いところを調べた。

例のアレ:16,572
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
うみねこのなく頃に:5,062
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
AKB48;4,835
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
⑨:4,724
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スーパーストリートファイターⅣ:4,302
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウルトラマン:3,999
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
仮面ライダー:3,886
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
総統閣下シリーズ:3,367
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
卓ゲm@ster:3,122
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
チルノ:3,031
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
エルシャダイ」:3,007
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
病院が来い:2,563
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
チャージマン研!:2,168
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
神動画:1,731
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
MHP3:1,194
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
霧雨魔理沙:1,194
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
博麗霊夢:1,186
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
バーロー:980

特に書いていないが、ブームになった「影絵」「ブリハマチ」「トレーニング」「スネ夫」今はなぜか「ふしぎなくすり」、
ここら辺は1000前後で止まっている。
エルシャダイがどれだけすさまじいかが分かるだろうか。
・・・分からんわ。

ネタというより素材がアレなので、20も見ればまず飽きるんだが、
作り手にとってどれだけ扱いやすいか、という点で流行に乗っかったというより、
今年後半の動画で「落とし所」として扱われまくっているのだろう、どんな動画であれ。

エルシャダイの素材、じゃなかった宣材をみる限り、
まぁ、なんだ、大して期待できる代物ではない。
現時点で、こんなに期待度と認知度が上がっているのに、
発売できるのかすら危ぶまれている点においては、
かつてないゲームなのではないだろうか?

発売されるかどうかで、発売前に話題になるゲームは多々ある。
ようやく出たGT5などもそうだし、界隈は小さいにしても、
エロゲ関連では当たり前のようにありふれている。
その大半が期待を上回ることはない。これも事実だ。
GT5の話はゲハっぽくなるので控える。

ただ、このエルシャダイほどの現象を、まぁニコ動だけではあるにしても、
今まで見たことがあるかというと、記憶にない。
FF7、とかは、そうだったっけ?
あれは、どっちかというと、延期よりもPSに勝ちをもたらした、という点で前評判より評価そのものが高いってところか。
良し悪しはどうあれ、FF10もそんな立ち位置だと思う。

うわさ先行型での痛い目、というのは多い。
ぱっと思いつくのは、セングラだろう。
出てもいないのに、ポスターだカードだとグッズがバカみたいに売れていた。
出たら出たで、ゲームとして終わっていた。
アニメの暗黒太極拳もよく覚えている。次作にあたるお嬢様特急は今やれと言われても苦行でしかない。

うわさ先行で勝ち抜いたゲームというと、一般的には任天堂のゲームが多い。
良くも悪くもはずれがない、そんな時代が長かった。

ま、他愛のない話。

カテゴリー: エンターテイメント, 日常 | コメントをどうぞ

5か月ぶり?

さすがに空きすぎました。
プロバイダ変えたり、
PC入れ替えたり、
なんやかやでかまけていると時が経つのは早いもので。
もう一度、PCの再セットアップをする予定なので、
また遠のきそうですが。

あまりこう、
トピックスもないですが、6月~9月って書くと、
長いですからね、何があったやら。
ゲームはあんまり買っていないんですよね。
日常に関しても、
夏のバカみたいな暑さのおかげで、
7月から入れてたエアコンが調子悪くなり、
ある程度暑いと逆に効かないんですよね、冷房。
この冬でもい入れ替えたいところ。

そんな訳で、
暑すぎると家にいられない暑さになり、
もっぱら外でブラブラしてました。
こう日常すぎると金かけたくもないので、
移動は自転車だったわけですが、なぜか、大破しました。
普通に乗ってたら、後輪が後ろにスポンと。
座席がいきなり、ガクンと。
後輪と本体止める金具が見つからなかったので、その場で買い替え。
もともとガタが来てたので仕方なかったけど。。。
しかし、
ロードバイクにしたので、さらにぶらつく様になりました。

で、
暑いと何が起こるって、PCの調子が悪くなるんですよね。
まさかのCドライブダウンでした。
HDDとデータバックアップにはそれなりの気を配っていたんですが、
所詮、この暑さには耐えられなかったらしく、
Cドライブ、2年持たなかったなぁ…。気を配って変えてるんですけど、
さすがに早すぎる。。。
唐突ではなかったんですが、
替えがなかったことと、やる気なかったのと、暑すぎたのが原因で、
予備のサイドPCを買っただけで移行しかしてなかったのです。

で、ダウン後、メールだネットはノートでやるとして、
おニューのHDDとWin7も買ってはいたんですが、
入れ替えしたのって、結局、盆前かな。ダウンが7月終わりだから、
2週間ほど、何もしてなかったようなもんでした。

で、win7入れる勇気もなかったので、なぜかXPをとりあえず入れました。
なんでかって、いろいろ動かなくなりそうだったものですから。

近いうちにWin7にしないとなぁと思いながら、もう、一か月…。
夏はアホみたいに仕事が暇だったのに、
涼しくなってきたら忙しくなるとか、世の中よくで来ていますね…。

この連休っぽい9月下旬も、連休になってないとか、
体調悪くて寝込んでたりとか、
おおよそ気合いが足りません…こまったもんだ。

ゲーム。
この夏、
まぁ360のモンハン。これくらいしか特筆できるのはないかなぁ。
後は、PCがまっさらになると、
どうしてもシミュレーションがやりたくなるんで、
CIVとか信長ばっかりやっていました。
モンハンも更新やめましたね。さすがに。飽きる。
といって、どこまでいったっても所詮LV35前後だったので、
大してやっていない、ですね。

MHF、モンスターハンターフロンティア、
悪いゲームじゃないですよ、当り前か。
PC版はかれこれ2年前にやってるので、
あの時に比べるとなんか良くなっている気もします。
また、トライや2GPやってた後だと、微妙に新鮮ですね。

私は大剣使いなので、あんまり作品ごとにどうこう言う事はないんですが、
トライのシステムを経験すると、やっぱり古く感じるんですよね。
これはサードやっても感じそうですね。
あのスタミナを考慮した生態は、将来性もあってよかったと思います。
MORPGはどうしても断面で切った瞬間のつなぎになるので、
その中にもちょっとした変化を入れて行くのって、
大変だとは思いますが、凄いことでした。
…まぁそれでも水中や武器減少、画質劣化はないですけど・・・。

ジャストコーズ2.
なんであんなになっちゃったんですかね。
1は北米版でバカみたいにジャングルを突き進んで楽しかったんですが、
2は何を楽しんでいいのか分りません。
どこ見ても二番煎じだし、特色がない。
マーセナリーズ2の時感じたがっかり感をはるかに凌駕するつまらんもんになってます。
…あー。ゲーム自体はそんなにまずいものではないですよ?ただ期待していたものと違った、ということですね。

ライオットアクト2。
こっちは逆なんでしょうか。
まるで何も変わっていない…。
それよりも、ゾンビを追加したことで、何で戦ってるのか、
何のためにやってるのか、目的がなんなのか、ここってどこだっけ?とか、
なんかいろいろ曖昧になります。
政変入り混じるにしては一兵士すぎるし、CPUも相変わらずのバカぞろい。
1の良さを完全に引き継いでいますが、
勢力増やすなりするなら、セインツロウみたいな路線を見習ってほしかったところ。
あえてGTAとはいいませんよ、ええ。

戦国バサラ3。
当然PS3版ですが。
市が本当にウザですね、能登さん好きですけど、出張りすぎ。
信長出してやめました。
シナリオといい、キャラといい、アニメもそうなんですが、
さすがにパクりすぎてネタが尽きたんでしょうね、オリジナリティなんてものを求めても仕方ないにしろ、
失速の仕方まで三国無双4を真似なくても良かったんじゃないかと思いますが。
次までのつなぎで良くわからんトリビュートをいくつか出すんでしょうが、
4では、全員グラ差し替えのリストラの嵐、とかになりそうですね。
一部、
製作者が「歴史わかってない」「パクりをなんとも思ってない」ことに苦言が出ていましたが、
何をいまさら、なので、いい加減正しい歴史を学んで、中二病から足を洗いましょう。
あの作品は「分かってる上で」バカにするのが楽しいんであって、
作ってる側がまともじゃないのは1から分かってることですから、
作り手に、とくにカプコンに倫理や道徳を求めること自体、時間の無駄ですよ。

アルティメットアライアンス2。
なんでか買うのを忘れていたという。なんででしょうか。あれほど…。
シナリオが、ひどいんですけど、そこはスルーしないといけないんでしょうか・・・?今更かなぁ。
さすがに海外のレビューサイトまで見ないから…。
キャプテンアメリカはどーでもいいんですが、
なんかX-MEN、空気になっていませんか?
1と同じく、頭から4人揃ったチームってファンタスティック4くらいなんで、
その4人でやってると、リーダーが保守側につくのでそっちシナリオにせざるをえないんですよね。
まだ始めたばかりなので、これは今後。
ゲーム性も何もかも前作同様すぎて、逆に泣けました。
このシステムで版権屋がいろいろ出せば、ただそれだけで売れるのに、
なんでバンナムはダメなんでしょうね…。
所詮ディアブロってことなのか…。けど大体のアクションはディアブロに戻ってくるよ…。

アイマス2
一応、今回書こうと思った主題。
長くなるのかなぁ。いいかなぁ。
前提として私はニコマス「視聴者」の古参です。動画あげたことはありません。
だから尊敬するP達に心から同情するし、だからといってどうということも無いですが。
アケマスから触っていますが、重度のファンではないため、無印を買っただけ、
L4UもPSP、DSも買ってません。DLCも一つも落としていません。

ただ。
私は、あずささんが大好きです。
それだけで、書きたくなった理由は察していただけるんでしょうか。

逆に、ゲームに関して言えば、
あずささん以外まるで興味がありません。
ソロで何回かやって、他のプロデュースはしてませんね、
いつかやろうとは思っていましたが、3年経っちゃいました。
さて、
小町で3人+りっさんが外される件、木製の登場、オン無しと、笑える劣化発表が立て続けに行われての、
今回の騒動なのですが。

まず、何言ったところで、
裏切りに定評があるバンナム、とくにナムコなので、
誰が何と言おうが何も変わらず「もっとひどくなる要素」を覚悟するんだろうというところです。
彼らの歴史を見てみれば、
ファンなんてものがいかに利用してナンボかと分かるはずです。
というか、その急先鋒がアイマスのDLCなんですけどね。

アイマスのユーザがバカみたいに年齢層が高いことは誰の目にも明らかです。
アケマスから金がかかっていたわけで、
DLCももちろん、そんなもんについていく経済力は、
ファンだから、オタクだから、というのと一線を画しています。
これは、
MMOでもっと金がかかるゲームはある、ゲーセンのカードゲーはもっとひどいのがウジャウジャある、
という次元の話ではありません。
DLCと同列に考えてはいけない。
自分のアイドルのコスチュームを変えるために金を払う。
MMOやSNSで良くありそうですが、そこは「お披露目の場」が用意されていることを忘れちゃいけない。
DLCはローカルです。通常のお披露目は、オンで対戦したとき、くらいです。

じゃ、なんで商売になるのか?
そこでニコマスが出てくる。また、ニコマスの影響が出てくる。
普通のコンテンツの売れ方ではない、複雑な購買意識が絡んでいるから売れていました。

なんとなくで恐縮ですが、ファンは私を含めて30代が多いと思っています。
多いというだけで、40代もそれなりにいるはずです。
全体的に年齢層が高い。そして、貧乏向けのゲームでもない。
そこを広げるために、
PSPやDSがあった、これは納得できるし、誰の目にも分かりやすいものでした。

じゃ、今回の2は?
問題なのは。
本当に問題なのは、一点だけ、小町の扱いが問題だったと思います。
この部分は私を含めて、どういう場でどういう事情で発表していたとしても、
一定のファンが離れることは想像に難くないでしょう。
これは他の部分とは違う、個々のユーザ自身のことで、
どうしようもない部分だからです。
どうしてもダメだったのであれば、それは、ファンの集いで話すことではない。
子供でも分かります。

他は違います。あの場でも別に構わない。
しかしゲームそのものに直結してくるものが多く、
おいそれと軽く言えば済むものではないのです。
違うゲームになる危険性を十分に考慮したとは思えない内容でした。

ファンばかりを集めた会場で、木星の動画を見せられて、なんか想像しただけで泣けます。
苦痛でしょう?楽しいですか?罰ゲームでしょう?
それこそ、
内容に責任持っていないファミ通とかの紙面で発表しとけばいいんですよ。
ニュースにはなるでしょうが、いらない衝撃は抑えられた。
何が楽しくてやっているのか理解できませんでした。

他にも
ラジオだ、団結だ、公式の言いがかりだと、いろいろありますが、
いかにもナムコらしいので、バカは一人ではないんだなぁと感じさせてくれます。
一人二人の起こすミスじゃないですからね…。

さて、
あずささんが出ない、響が気になるかなぁくらいなので、
まぁ発売日に買うことはないですね。買うとは思いますが、買いたいとは思わない、いつもの感じです。
少なくとも「絶対買う」では無くなりましたね。
もともとそんな気合が入るゲームではない、
いろんな要因で奇跡的に地位を固持していたのだということを、
とくに製作者たちは分かってるんでしょうかね?
分かってたらゼノグラとかありえないか・・・。

いろんなメーカーの中、
とくにナムコは、本当に特筆するかのように、
自分たちの作ってきたものに対する勘違いが甚だしいです。
面白いものを作ったから売れた、
たぶん、私が記憶している限り、
この言葉が当てはまるゲームって「塊魂」が最後だったと思います。
あ、バンダイ側の話はしてませんからね、一応。スパロボとかには他に言いたい事ありますけど。
それ以外のゲームで、ユーザが買うモノって、いっちゃ悪いけど大したことがない、
代替があるものばかりだと思います。
つまりこの10年、大したことがないんですよ。このメーカー。

けどアイマスは、違うんですよね。
というか、ニコマスの御三家は全部、商法として成り立っていないので、
全部おかしいんですが。成り立っていないから出来てるんですけどね。
逆にバンナムからすれば、「成り立たせてやってる」くらいな気持ちでしょう。

けど、年齢層を馬鹿にしてはいけません。
ゲームは子供のものであるとするならば、
その意気やよし、今後も頑張っていただきたいと思います。DSとWii、携帯アプリで頑張りなさいよ。
とにかく、繰り返しますが、
ナムコが何も反省しないのは過去からも明らかなので、
「そういうメーカー」だということを今一度、ちゃんと理解するべきなんですよ。
DLCだ、ライブだ、CDだと頑張っているようで、
いや、坂上が悪いのか、とか現場の人間のどうこうはこの際、どうでもよいのです。
頑張ってくれてる、いいことやってくれる、理解がある、そういう話ではなく。

ちゃんと、きっちり、どこかで、裏切る。
そうやってきてるんですよ、ナムコは。
だから、今回、どれだけ騒動を起こしても、署名をしても、大した成果はありませんよ。
一番利いてる筈なのは。

「株価が下がったこと」

これだけです。
他にありません。
素直に笑いましたよ。心から。
なにせ、今までどれだけの裏切りをしたところで、
「相手が子供」だったもので、そういう打撃がなかったですからね。
どういう「大人としての正しい攻撃」が「一企業」に効くのか、
そこを突き詰めてこの半年戦うのが、一番効果があるでしょうね。
不買とか嘆願とか、子供みたいなことでは彼らは鼻ほじってるだけですよ。

・・・。
アジってますね、かなり。
そういう意図はないんですけどね。
「いいぞもっとやれ」ってアジですね。
ただ、アイマスだけじゃなく、
ナムコは散々やってきてるので、どうなってくれても良いとは思っています。
バンダイは可哀そうですけどね。
経営状態が悪いとかメーカーの運営状況はよく話題になりますけど、
水モノやってる企業が堅実さを売りにしたいなら、
パチンコとアダルトだけやってりゃいいんですよ。

しかし開発がかわいそうとはなぜか思わないんですよ。まったく。
この会社の体質は合併しても変わってないようなんで。
20年以上、同じことやってんだから、全員、戦犯でしょう。
一切の同情も無いですよ。

あずささんがPできるとは思っていませんし、
できるようにしたところでもう知ったことではありません。
買うかもしれませんが、喜んで中古屋で買うでしょう。同じ値段でも。

もうちょい前ならナムコの株売りに参加できたんですが、ねぇ。残念。ま、ゴミ持ってても仕方ない。

感情的になるとか抗議動画作るとか、そういう「比較的穏やかな」反応が一通り済んだ後、
技術を持った素晴らしいPたちが、
次はどの場で活躍をしてくれるのか期待しています。
できればニコに土壌ができてほしいですが、そういうのもなんか違いますね。
だから新しい場を彼らが得ることを願ってやみません。
決して無駄ではないし、決してつまらない幻想でもなかったのです。
活躍に期待しています。できれば知りたいですし、応援したいです。

ちなみに、この騒動。
明らかに隠蔽していましたね、ここまで。
順番や機会がとてもおかしかった。
誰かが止めていた、もしくは変えた、ぎりぎりまで決まらなかったのかもしれません。
そういうのも含めて、
経緯を話せば少しは株も上がるんですけどね。
それができない企業であることも分かっていますから、落ちるところまで落ちてしまってほしいですね。

カテゴリー: 日常 | コメントをどうぞ

エヴァ破BD

まぁ、買ったわけですが。
…。
買ったなぁ…。
で、見ました。

さっき、去年7月の劇場版見てきたときのBLOG見直しました。

そこまで、辛辣には感じなかったかな?
さんざんな言い方していました。
もうちょい評価してよかったと思うけど。
論旨もメチャクチャだったなぁ。
反省。

まぁなんですか、サマーウォーズ買った身としては、
大抵のソフトには、値段についてガタガタ言わないでしょうね。
これで5000円台なら、まぁ普通でしょう。
たとえこの後、数回の出し直しをしてくることが確実であっても、
まぁ買わないでしょうけど、それでも妥当でしょうね、これは。

さて。
まぁ内容は周知のことだし、特に何か変わった感じ方をすることもなかったんですが、
やっぱりこう、いいですね。
いいものだ、とちゃんと言える作品は、本当に嬉しいです。
映画館で見た時は衝撃が強くて見落としていたものが、
やっぱりウチで見るときっちり落ち着いて良く見れます、いいことです。

ガイナは会社としてどうかと思うことを平気でやってきているので、
未だに好きではありません。これからも嫌いでしょう。
けど、
グレンにしろ、トップ2にしろ、このエヴァにしろ、
やっぱりいいものはいい。
作り手と作品が切れて評価できるのは、
それだけで作品として凄いんだということの証だと思います。
だって監督のネームじゃ+方向には見てませんからね、
庵野の名前見るだけで、普通、私の世代のアニオタなら吐き気がするはずなんだから。

それでもいいものはいい。

Q、楽しみですね。

ただ褒めていくと、
そしてその論点を濁して褒めちぎるだけじゃ、
大して行数で無いんだなと実感しながら、この話はおしまい。

カテゴリー: ゲーム | コメントをどうぞ

ゲシュタルト おしまい

クリアしたので。

Dエンディングで。

書こうかなと。
100%ネタバレなので、まわれ右する人はここでどうぞ。

とにもかくにも、
漏れ聞いていた話から、ラストは注意しろ、というのは分かっていました。
また、
なかなかひねくれていて、他にないエンディングだ、とラジオで聞いたり、
開発者のインタビューでも似たようなことを言っていた気がします。

Aはいいんですよ、ありがちで。
Bは、「アレ?」だったんですよ。
なんだろう、つじつま、合ってる?
Bの終わりはアレはアレでいいと思うんだけど、
じゃあの双子って、なんでギリギリまでニーアに協力的だったのか、
管理体制のそぶりすら見せていなくはないか、
傀儡としてほとんどが「成りそこない」ばかりなのに、そこに救いが一切ないのはなぜ?
器への入れ替えとか、ヨナが初めてなの?
クロとシロや実験体の存在意義がゲシュタルトとしてまとまっていないのは何で?

なんかこうね、Bの説明が適当だったんで、
想像の余地と言うより、
「真似してはずしたエヴァンゲリオン」な感じがするんですよ。
その方式だと一回でも思っちゃうと、申し訳ないけど、
思考停止しちゃうんですよ、そういう訓練されちゃってるわけで。
残念ながら、「よう分からん」ですわ、B。

…砂漠の王は抑えきれなかったのかね?
ああいう持って行き方をしたがるのがキャビア、分かっちゃいるけど、
どうしてもやりたかったんですかね?

で、何が言いたいかと言うと、
この作品はとっても面白くて好きなんですが、
ここまでグダグダ言ってきた流れは下記の一言にあります。

「CとDを間違えた」

…。
オワタ………OTZ

ようするに、真面目に終わったわけで。
…Cを残して。そこは…別にいいんだけど、微妙な悔しさを込めて書いています…。

私のクリアしたエンディングは、「A、B、D」ということですね、はい。
C飛ばしました。
その理由が
「あんまりにも説明できていないんで、この●●の後に話があるんだろう、
 それのエンドがDなんだろう」
とか、いや冷静に考えれば、そうじゃないのは分かっていたはずなのに、そう思ったらしく、
突貫を決めたんですね、はい。

で。

終わったわけですけど、
Dについて語っても仕方ないんですけど、
ただただ言わせていただきたいのが、
なぜにあそこまでカイネを下からアップで映すかと…。
ただでさえ、女もんらしい下着を付けている上で「もこっりしてる」のが分かるグラなのに、
…アップはやめてください…。

って話もどうでもよいか。

しかし、すごいですね、寂寥感しか残らない。作り手も残さない。
深く掘り下げることはしませんけど、ネタとしては充分ありなだけに、
なおさら悲しくなりますね。

大してどうでもよい名前を主人公に付けて始めてましたが、
自分の名前を付けたり、愛着あるネームを付けた人は、
どうなのでしょうか、もっと悲しくなったんでしょうか?

Dのエンディングのためには、軽いやりこみが必要です。
A,Bのエンディングを見る必要があるから、途中からリスタートとはいえ、3週は必要。
(私、ABDの割りに4週しましたが…)
「武器全種集める」必要がどんな結びつきがあるのかわくわくしましたが、当たり前のように裏切られました。
最後?の武器かどうか、クエスト「宝の地図」で得る武器が、たぶん一番面倒ですね。
まぁ、どれだけ端折っても20時間は絶対に行くと思うんですよ、この3週は。
普通にやってれば50時間くらいでしょうかね?

そこで得られたものが「寂寥」っていうのがね、年取ったのかな、
昔なら「ザケンナ!」って暴れるところですが、
…ないなぁ…。

レプリカントとでは、感覚が異なると思います。
レプリカントではヨナは妹なんですよ。大切な妹。
大してゲシュタルトでは娘なんですよ。愛娘。

そこに「ヒロイン」という座で、両性具有のカイネが出てくる。
…返す返す、アホな設定にしやがったキャビアの女社員にブチ切れたくなる…。

ヨナ一筋だった主人公が、
ふと、カイネを助けるために、この英断を下せるだろうか?

レプリカントでは、多分「恋心」が真っ先に出てくるはずなんですよ、全く描写がないですが。
ゲシュタルトではもうちょい複雑。
親として娘を助けることが出来た、これからも娘を…というところで、カイネがピンチ。
たぶん、大人の男として、恋とかそういう感情ではない、「使命」っていうか、
「そうするしかあるまい」というか、そういうもんだと思うんですよね。
だからそれがカイネじゃなくてエミールだったとしても同じなんですよ。
けど、レプリカントの方は、エミール相手じゃ主人公の動機として薄くなるでしょう?
それはもう「若いから」としか説明できませんが。

なんでこんな微妙な違いっぽいのが出てくるかというと、
ヒロインが「両性具有」かつ「野卑」なんて阿呆な設定のせいで、
「女」として扱うことを混乱させてるんですよ。
真面目にね、こういうのを狙ってやっている部分があると思うから、
だから一概に「ふざけんな」とも言えない。…ギリギリ、「良い」とも言えない。
ただただ、さびしい…。

ああ、そうだ。
Dの最後の描写で、
ヨナが微笑しながら見上げるシーンがありますが、
あのカットで、今までかわいいと思っていたヨナが、ウザく感じましたね。
これも狙ってやってると思います。流れはよくあるシ-ンでしたが、そう思いました。

だから、わたしちがいますけど、きっと、こういうことなんだとおもうんですよ。

ロリコンは滅びろ。
シスコンも自重しろ。
ガキ離れしろ。

そして、ようこそ。耽美の世界へ。

イヤ、ワタシ、チガイマスケドネ。

すげぇ、かなしい…。

あ、いいゲームですよっ!…たぶんっ!実績しかないけどねっ!

カテゴリー: ゲーム | コメントをどうぞ

サマーウォーズ

書いていたようで、書いていなかったので。
…そりゃ今年に入ってFFとヘビーレインだけだもんなぁ…。

サマーウォーズ、いろいろあって、BD買いました。
前の記事で消失をDISったので、
丁度いいからこっちも書きたいことを書いておきます。

以降はネタばれも含みます。
また、「相対的な評価」というより、私個人の評価に比重がありますので、
かなり「普通ではなく特殊」だと思います。

まず、サマーウォーズっていう映画は知っていましたが、
去年夏、評価がめちゃくちゃ高かったので、
見るまで情報をカットしようと思い、事前知識は全然ありませんでした。
BD買う時もありません、むしろ「衝動買い」レベルの買い方でした。

で、見ました。
こういう書き方してるから評価悪そうですけど、悪いっす。
なんて言うか、BDが高すぎたせいもありますけど、
さすがにきついです、これで…これじゃ…。
…金返せとは言いません、なんていうか、勉強代ですから。

なぜ。
なんで、「大家族」と「ネットの世界」なんてもん、混ぜたんですかね?
どれだけ考えても意味が分からなかった。なんか頭悪いのかと思いました。
「全てがあるサイトで一元管理されている世界」なんて、
誰がどう考えたらこの時代に考えるんでしょうか…。
それもサイバーパンクな「暴力の支配」なんかじゃなく、
PCで入れる気軽なネットって…。

その前提が気持ち悪くて吐きそうになるわけですよ。
ただ単に、「そういう管理もある」「そういう方向性もある」とか、
「そういう流れでいくつかの管理団体がしのぎを削っている」だったらまだ納得できますが、
どうやったら「公共施設の権限」だとか「管理者をはじくハッカー」なんて絵空事が浮かぶのか。

もう、まんま小学生、いや、今の小学生は知識として分かっているはずなんで失礼だから、
それ以下なわけですよ、発想が。
だからこれ考えた人、本気で気は確かかと思いました、これが見てすぐの感想。
正直、パッケージ見てそんな話だとは思わないわけで。

で、大家族。
こっちはさ…こっちはこっちで。
当然ありふれた内容なんだけど、サスペンスがあるわけでも、
なんらかの事情があるわけでもない、すごくゆるい設定。
なんとでも出来る設定をこうも適当にやられると、
田舎を馬鹿にしてんのか?と思うんだけど。そう思わないのか不思議。
なんでしょう、都会人には「田舎は凄いねぇ」とか思うんですかね?あれ見て。

書き込みがすごい割に、「表面」のテクスチャばっかり「出来あがって」いて、
この手の作品で必要な「草や土の匂い」「歴史を感じさせる空間」がまるで出ておらず、
まるで「精一杯記号化したので視聴者が各々で懐かしんで変換してください」とでもいう
ただの「モデルハウス」なわけですよ、あれ。

この監督は、色使いやテンポの取り方、分かりやすい演出が評価されていると思っています。
この作品が一番色濃く出ていると思いますが、まるで裏目に出ています。
なんかジブリが「職人根性で泥臭い世界を構築する」のに対し、
こっちは「CGフルに使って、ただただ綺麗であるように磨いた箱庭」にかんじます。
ネットを描くならありだったと思いますよ、せめて電脳コイル的に。
だけどなぜそこに「田舎」をもってくるのかが分からない。

繰り返しになりますが、
なんかくだらない設定でくだらない話を書いて、
万に一つでも信じてしまうかもしれない一般人を恐怖させるような展開は唾棄します。
ファンタジーでありたいなら、ファンタジーで書けばよい。現実を持って来ないで欲しい。
簡単にハッキングできるようなサーバは世界中に転がっているでしょうが、
ハッキングした結果、世界を操作できるような状況なんて、こんなの、絵空事以上に怒りを覚えるんですよ。
怒り→呆れ→無感動→いらいら→怒り→激怒、みたいな。

おばあちゃんの顛末。
あれはね、さらに酷い。
ヒューマニズム的に泣けるし良い話だと思う。
けど、その原因付け、おかしいでしょう?
「人の生死に関わること」を軽く論じているのは、
こんなくだらない設定劇を考えた人間たちに他ならない。
「ネット」を持ち出して、現実にありえないことを、さもあり得たように面白おかしく設定して、
最後には「人と人とのつながりを」という方向に持っていく。

本当にひどい。
いろんな作品で「世界に殺される」人は枚挙にいとまない。
たとえば戦争モノで悲惨さを描くためにいきなり被害にあう人。軍人でもいい。
とばっちりを受けて死ぬ人、そういう立ち位置を用意するのは、それ相応の理由があるからです。
往々にしてそれは「リアリティ」。その世界を脈づかせるためのテコ入れになるわけです。

つまり「ネット」という非現実とそれに大きく寄りかかっている「世界」をより繋げるために、
「現実」でおばあちゃんを殺した、という方式については誰も否定しないでしょう。

この作品が「人の絆」を大切にしていることは分かります。良い事です。
だけど、言っちゃ悪いが、そんなもんを描いた作品はいくらでもあるんです。
わざわざ「サマーウォーズ」でやって再認識させなきゃいけないほど、
この世の中は田舎を馬鹿にしていないし、ネットを重視していないし、
親孝行もしているもんなんですよ。

とにかく、これを見てて悲しかったのは、
作っている人間たちの「冷たさ」が伝わってくること。
「売るためには」「綺麗に見せるためには」「それっぽく動かすためには」
そういう「計算」がやたらと出てきて、怖いくらい「遊び」が無い。
「情」が一切出てこない。コンテってそんなに偉大なのか?ただグラフィックいじってるだけでいいのか?

商業的に大ヒットしたと思うので、そこは否定しません。
評価がよいわけですから、
私ほど細かく考える人も少ないんだと思います。

ミサイル、落としたかったんですか?
世界をパニックにさせたかったんですか?
これ、何を語りたいんですか?

エンターテインメントって聞こえはいいですけど、
こんな背筋が凍る、現職の管理側の人間をこきおろす、
そして今後向かっていく方向性をあり得ない方角から、何も考えずにつぶしにかかってくる様は、
まるでそう、シーシェパードと何も変わらないんですよ。

この作品自体が、テロじゃないか、そう思えてならない。
まじめに、
サマーウォーズは、
吐き気がしましたわ。…主に値段的に。

カテゴリー: エンターテイメント | コメントをどうぞ

天道

3連投。
あと転がってるのは、斬撃のレギンレイブとか、
冬コミと例大祭の同人ほぼ全部とか。
去年から全然エロゲーやっていないので、買ったエロゲーは当然のように
「トレイダー」の袋に入ったまま積んでます。
…。さすがにあれは…邪魔になってきた…。
真恋姫無双とか、やんのかね…?
ただでさえ一番下に見えるのは「マブラヴ」(オルタじゃない)とかあり得ないことになってるのに…。

さて、エロゲーはどーでもよくて。
信長が楽しくて、散々「適当」にやっていました。
もうね、ただ眺めてるだけで楽しい。
謙信ちゃん、強いっす。統率130、すげぇっす。溶けるっす。
あと北条早雲が出てきたときはかなり震えました。
ここらへんは信長でも間に合わないから…最高のifな訳で。氏政も好きですけどね。
明智でなんとか勝たしてやりたいというのがこの頃の野望。

まぁ内政がアホみたいにどーでも良くなってるのが悲しいですが、
前作の革新の面倒くささと秤にかけるとまぁどっちもどっちかな、こっちでもいいかな。

あー、あとモバイルでキーあっても、
ウチのアイフォンだと使えないのがむかつくんですが…。
どーすんだ、これ…。ダチに頼むしかないのかなぁ?

あー、いいや、もう今から明智でやろう、そうしよう。
じゃ。

カテゴリー: ゲーム | コメントをどうぞ

ゲシュタルト

おお、明日は休みだ。
繋いでくれたGWは久しぶり。
感謝しながら連投。

仕事が忙しかったんですが、ゲームはちびちび買っていました。
ただ、「2本買って1本しかやらない」とか、
「同人は買うだけ買う」とかやっていたせいで、
積みゲーが溢れています。

なんか「北斗無双」なんかもそこらへんに開けずに転がってます。
まずやることもなさそうな「萌え萌え2次大戦」なんかも…。
…なぜ買った…。
前者は「信長天道」と一緒に買い、後者は「世界樹3」と一緒に買った、はずです。
この一カ月、もうほとんど「天道」ばっかりやってました。PS3フル回転。
天道、楽しいよ、天道。
けど、やっぱり革新を思い出す。革新も良かったよなぁ、また買おうかなぁ。

さて、ゲシュタルトですが。
ああ、ニーアですね。
PS3と360ではタイトルが違い、主人公が異なります。
一切迷うことなく、おっさんのゲシュタルトを買いました。当然でしょう。

中盤くらいまで進みました。まだ全然ですね。
なんかこう、PS3との絡みのせいだと思いますが、
おっさんの口調が無意味に若々しいときがあり、イメージが未だに一致しません。
十代みたいな話し方するんだもん…。

ゲームはとても面白いですが、
なんだろう、オマージュがひどい気がする…。
あの文章、あれは何、スクエニだってサウンドノベルは出来るとか言いたいのかな?
石の館。何、バイオハザード?そういうこと?
ブロック崩すSTGっぽいのとか、
クエストはともかく、釣りだ畑だと…。
何なんだ、何したいんだ、このゲーム!?

まぁおもろいです。
カイネさん、あんだけ「下着女」言われてんのに下着のままなのがすごい謎ですが、
それも含めて、なんかこう、スクエニらしからぬ、変な挑戦的なもの、というか遊びを感じます。
すっごい嬉しいです。もっとね、スクエニは遊んでいいんですよ。
ってまぁ、偉そうに言ってますが、楽しいです。
納得いく方向だったら、レプリカントも買おうと思います。

これはお薦めっす。

カテゴリー: ゲーム | コメントをどうぞ